【ギリシャ旅行記】なにもしないことの美学。人間どこにいたって同じだ。

 

 

 

わたしの人生初、ひとり海外旅はギリシャだった。一人で行動を決められる日々。自分がどこに行き、何をやるかを、自分で決められる日々。自分のことを、自分ですべて決められる日々。そこで私が何をしていたかというと…

 

 

なにもしていなかった。

 

 

 

ほんとうに何もしていなかった。

私が行ったのは割と大きな島だったから、数日かけて回るお決まりの観光コースがあったのだと思うけど、わたしはそれらのほとんどに行かなかった。理由はシンプルに、めんどくさかった。

 

 

2ヶ月以上、ヨーロッパ旅を共にしたアンちゃんとベルギーで別れた後、私はヨーロッパ旅の最後の国をギリシャに決めた。ロドス島という、トルコに近い島に飛んだ(その日ベルギーからはロドス着の飛行機が安かったからというだけの理由で選んだ)。そこではAirbnb(民泊)でアパートの一室を借りて5日間滞在していた。

 

 

ふとカメラロールを辿ると、懐かしい現地での写真が出てきたので、そこでどんな生活を送っていたかを書きます。2019年のことである。

 

 

 

✳︎

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005121j:image

ロドス島に着いたのは6月16日の夜だった。

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005138j:image

アパートに到着し、近くの食堂に入って遅めの夕食をとる。近くにいた陽気なおじさんにギリシャのお酒を奢ってもらう。部屋に戻って0:00就寝。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005148j:image

翌6月17日。11:00起床(笑)アパートの部屋から外を眺める。外はもうすでに陽が高い。

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005032j:image

コーヒーを入れ、リュックの中にあったシケたクラッカーとチョコレートを食べつつ、ベランダでぼーっとする。

 

 

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005135j:image

15:00。ようやく外へ。周りを散策する。キッチンの調理器具が充実しており自炊ができそうなので、食糧調達のためスーパーを探す。

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005052j:image

お金を下ろそうと思ったがATMがこれである。だめそう。

 

 

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005046j:image

17:00。早めの夕食兼遅めのランチ。よく分からない野菜をよく分からないまま調理。

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227151857j:image

溜まっていた洗濯物を洗う。

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227151901j:image

キッチンで本を読んだりベッドで動画を見たり、ゴロゴロ。1:00就寝。

 

 

 

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005145j:image

翌6月18日12:00。アパートの管理人に勧められた近くのカフェへ行く。カフェラテとドーナツを食べる。

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005229j:image

kindle内でずーっと放置していたおいた源氏物語をこの機に、と読み始めるが、光源氏の破天荒ぶりに感情移入できず。(ちなみに2年近く経った今もこの日のページのまま読み進んでいない。)

 

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005219j:image

近くを散歩する。

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005125j:image

風になびくギリシャの旗。

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005216j:image

主人を待つイヌ。

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227013846j:image

島には野良猫が多い。

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227135723j:image
f:id:fuki-bee-stripes:20210227135727j:image

 

 

 

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227013842j:image

16:00アパートに戻る。

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005057j:image

ベランダでたそがれる。

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005226j:image

17:00夕食。あとは前日と同じくダラダラ。0:00過ぎ就寝。

 

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227014129j:image

翌6月19日10:00起床。今日こそ観光人らしいことをしようと、近くの城に歩いて行く。

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227014132j:image

観光客(多くはバカンスを過ごしに来たヨーロッパの人)がたくさんいた。みな良く日焼けしている。

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227014139j:image

城下には、昔の街並みが残っている。

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227014126j:image

この城の歴史をよく分からないまま見に来てしまった。

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005042j:image

 

 

 

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227014117j:image

相変わらずここでもネコが多い。

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227014136j:image

そういえば、日本の島でもそうだけど、なんで「島」にはネコが多いんだろう?

 

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005158j:image

レストランに入りランチ。

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005035j:image

15:00くらいなのでお昼時でもないし、他にお客さんはほとんどいない。

 

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005236j:image

17:00アパートへ戻る。

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005142j:image

夕暮れである。帰る途中で買ったコーヒーと共に、ベランダでたそがれる。夕食を作る。寝る。

 

 

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227014824j:image

翌日12:00。今日は海に行くぞ!と服の下に水着を着て外出。

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005104j:image

海を目指す。

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005108j:image
f:id:fuki-bee-stripes:20210227014827j:image

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005104j:image
f:id:fuki-bee-stripes:20210227005151j:image

ビーチ!

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005247j:image

パラソルを一ヶ所借り、海でちゃぷちゃぷ泳ぐ。しょっぱい。30分ほど泳いで、飽きたので砂浜で日光浴。水着が乾くと服を着て、退散。

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005242j:image

帰り道に、アイスクリームを!ココナツ味とか最高すぎる。

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005232j:image

少し遠回りして、路地裏散策。

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005100j:image
f:id:fuki-bee-stripes:20210227005039j:image
f:id:fuki-bee-stripes:20210227005206j:image

路地裏は城より、市場より、海より、ずっとずっと面白かった。この島に来てよかった、と思う。

 

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227005202j:image
f:id:fuki-bee-stripes:20210227005239j:image

この島では昼間の太陽が明るい代わりに、夕焼けが青い。

 

 

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227015522j:image

翌朝。ロドス島を去る日である。わたしこのアパートの部屋が大好きだったな、としみじみ思う。

 

 

 

 

おわりです。こうして書いてみると、ほんとうに何もしていなかったのが分かる。リアルにアパートから3キロ圏内くらいでしか行動していなかったし、ギリシャまで来てなんでベッドでYouTube見てるんだろう、とか思った。

 

 

 

「今日を有意義に過ごさなければ」、「なにかをしなきゃ」という焦りは、旅先でも日本にいても、いつもうっすらとある。しかしギリシャにいたときは、もはやそんなことはどうでも良くなっていた。それまで2ヶ月強ヨーロッパ周遊していた疲れもあったし、というか、「人間どこにいたって何をやったって同じだな」と思い始めていたから。それは、とても感覚的なものだけど。ギリシャから帰り、私は旅への執着というものがなくなってしまったように思う。

 

 

 

 

ギリシャ滞在時に残したときのメモが出てきたので、添付しておわりにする。

 

 

 

 

ブログ書かなきゃ、観光しなきゃ、時間がもったいない、とか、日本に帰ってどうすんの、とか、しるか。

私はいま、幸せなんだ。ごろごろするのが好きなんだ、朝寝坊が好きなんだ、このベランダから見てる景色が好きなんだ、幸せなんだ、幸せなんだ、だから、もう義務なんてなんにもない。

 

やらなきゃいけないことなんて、ほんとは何もないんだ。ただ、ここで、いま私が幸せでいることの方がずっと実質的で、ああ、ここに来れてよかったなあ。

ブログ、書かなきゃいけないなんてことは、ないんだ。いつでもやめてもいいもんねーだ。

 

ヨーロッパで3カ月くらして分かったことは、人間は、どこに行っても同じ人間で、だからこそ、人はどこにいても、等しく幸せになれるはずだということ。

どこに行っても太陽があって風があって、どこにも街があって人の暮らしがあって、夜があって朝があって、どこに行っても、嬉しいことで笑うし、悲しくて泣く。どこに行っても、笑顔は同じ意味を持っているから、わたしたちはたぶんどこにいたっていい。

 

 

 

 

なにもしないことを肯定してくれた、ギリシャでの日々。「べつに人生、何もしなくたっていい」と教えてくれた、ギリシャのベランダからの青い夕焼けが、私の骨の髄に今でも染み込んでいる。

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20210227135416j:image

 

 

 

あなたの心に響くものがあったら、ぜひシェアしてください♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です