夢を追いかけるか諦めるべきか。夢を叶えるために最も大切なことは、夢を「捨てない」ことだという話。

 

 

こんにちは。フキです。

あなたには今、夢がありますか?

 

叶うのかな。いつ叶うのかな。

今さら夢を追ってて大丈夫?

諦めるべき時っていつだろう。

夢を追うことって、いつも「不安」が付きまといますよね。

 

f:id:fuki-bee-stripes:20200519213757p:image

 

今回は、夢を追うこと、叶えることに必要不可欠なことをお伝えします。

 

夢を叶えるには

 

結論。

夢を叶えるには、夢を捨てないことが大切です。

 

いやいや!そんなの当たり前。

しかしなぜ私が、この、当然とも言える点を一番大切だと強く主張するのか。私の実体験からお話しさせていただきます。

 

 

夢を捨ててきた私の経験

 

私は、大学生のとき漫画家になりたいと思いついたんです。急に(笑)

そこから約3ヶ月、寝る間も惜しんで32ページのストーリー漫画を2本描き上げ、出版社に投稿しました。

漫画なんて描いたことなくて、当然、賞になんか引っかかるはずもなく、夢は叶う気配もなく、次第に心は違う方へ向いていき、いつしかもうちょっと、「現実的」な夢を探すようになりました。

 

かくして漫画家になると言う夢を捨てた私は、大学を卒業してから新しい「夢」「好きなこと」を見つけるために2年間にわたって国内・欧州で旅やアルバイトをしました。

その中で、「農家になる」とか、「ライターになる」「カフェを開く」なんて新しい夢を数多く手に入れ、私は意気揚々と人生を前進していたのですが、そんな中で気が付きました。

 

どんな夢でも、叶えるのには努力が要るし時間が要る。

 

何をやるにしても、それ相応の専門知識が必要だし、時には資金が必要。継続した努力が必要だし、ある一定の形にするのには時間が必要。

旅の中で出会ったどんな人も、その人の職業を中途半端にはやってなかった。誰もが四苦八苦して、思考錯誤して、やっと叶えた姿だった。

で、私はこう思いました。

 

どんな夢でも叶えるのが大変ならば、じゃあ、自分の、一番の夢を、自分が一番に目指す夢にしてもいいんじゃないか、と。

 

要は叶える夢を「選ぶ」だけだ

 

他の夢に費やす時間も労力もお金も、いちばんの夢に費やしてもいいんじゃないか、と思いはじめました。

f:id:fuki-bee-stripes:20200519220326p:image

 

私はかつて漫画家になりたいという夢があって、叶いそうもなくて、他の夢に逃げていた。

そしてこんなふうに自分からその夢を捨てて、他の場所を目指していたならば、その足はその夢には決して辿り着いてはくれないと、体感した。

 

ああ、夢を叶える最低条件は、「夢を捨てない」ことなんだなあ。

 

夢を叶えるのには「時間」が必要

 

叶う、叶わないの前に、私はそのことを知らないでいた。忘れていた。そしてなんだか焦っていた自分に気が付きました。夢を、今すぐに叶わせなきゃ、と。

夢が叶うまで夢を捨てる必要なんてないのだと、気が付かないでいた。夢を叶えるのに、それに費やす「時間」が必要だと、忘れていた。

 

ももクロに学ぶ、時間の「魔法性」

 

「時間」といえば、

何かに費やした「時間」は時に「才能」よりも大きな力を発揮する、と個人的に確信しています。それはアイドルグループ、ももクロから学びました。

(個人的にめちゃくちゃファンです。)

 

f:id:fuki-bee-stripes:20200520084412j:image
画像:Webサイト「What’s IN? tokyo」https://tokyo.whatsin.jp/277281より

 

言わずと知れた大人気アイドルグループももいろクローバーZ。2008年に結成された当グループは、今年で結成12年目を迎えました。

いちファンとして、こんなのことを言うのもなんですが、彼女たちはもともと、決して容姿や歌唱力、ダンスのスキルに関して、他のアイドルより圧倒的に抜きん出たものを持っていたとは思えません。

 

たとえばこれは結成間も無くして行われていた路上ライブの様子。

 

この彼女たちが、やがて国民的大スターになるとは誰も予想していなかったと思うのですが、次の映像は最新(2020年)のもの。

 

 

 

きらめくような、奇跡のような変化ですよね。

歌唱力といい、魅力といい。

彼女たちに、血の滲むような努力や苦労があっただろうとは思います。他のグループにない魅力があるからこそこんなに多くのファンがいることも知っています。

でも、12年と言う月日が、彼女たちをここまでにした、とも言えるのだと思います。

数えきれないステージ数を踏んで来たでしょう。何百、何千回と歌を歌ってきたでしょう。

その膨大な「時間」と経験が、彼女たちをここに連れてきた。

 

一つのことに、ちゃんと時間をかけること

 

人は、何か一つのことに打ち込んだらここまでの輝きを持てるのだ、と言うことを、私はももクロを見て感じずにいられません。

「時間」は魔法です。

そして、それに伴う「変化」なんてきっと、いとも容易い。

だから夢の話に戻ると、あなたがあなたの夢を、どんなに遠いものや叶わないものだと感じていても、どんなにあなた自身に才能がないと感じていても、追いかける価値があると思います。

時間をかける価値が、十分にあると思います。

あなたにとってもしそれが、心の底に潜んで消えない、いちばんの夢だとしたら。

 

最後に

 

何度も言います。

あなたの夢を、どうか捨てないで。

今すぐ叶わなくても大丈夫。代わりの何かで埋めようとしなくて大丈夫。

夢は、いつ叶ったっていいじゃないか。それがどんなに遠くても、時間をかけて、じっくり進んでいけばいい。

 

夢が叶う保証なんて全くないけれど、「時間」を費やす価値があると思って、捨てる必要なんてないと思って、そして心の底で、いつか絶対叶う日が来ると、信じています。

 

大切に、大切に育てていきましょう。

あなたの夢を。私の夢を。一番に、憧れて胸の高鳴る、すてきな夢を。

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・”・*:.。. .。.:*・゜゚・*

最後まで読んでくれてありがとうございました!

今わたしは、いつか漫画でお仕事をしたいと夢見て、noteという配信サイトで漫画を投稿しています。

お陰さまでフォロワー1000人突破!
初心者から始まり、未だに描くのに超〜〜〜〜時間かかってますが、続けていたら、夢を捨てないでいたら、ちゃんとここまで来れました。

夢を捨てないこと、時間をかけること、じっくり育てること。。

それは本当に、力になるんです。

 

よかったら遊びに来てください^_^↓

note | Fuki

 

 

あなたの心に響くものがあったら、ぜひシェアしてください♫

2 件のコメント

  • 昔から、みんなとは違うような夢がぼわんとあって、でもそれが抽象的で、自分を探してる最中だと思ってました、就職して辞めて、リゾバもしたり、バイトもすぐ満足しちゃって結局飽きちゃう、今そんな自分に嫌になってました。自分のしたいお店を出す、そうしないと結局満足できないから。だけど不安で、何からやればいいかとか、考えることから逃げたくなってました。
    このブログを見て、勇気をもらいました。好きです。ありがとうございます。私のモヤモヤの気持ちを形にしてくれて、そして答えを教えてもらえた気分です。心に響きました。夢から逃げないで、時間からも逃げないで努力します!またブログみます。

    • 八田文なさん、コメントありがとうございます。
      私もすぐバイトやめちゃいます笑
      コメントを読んでいて、文なさんは、きっとすごく器用な人で、いろんなことができちゃう人なのかなあ、とか思いました。
      だから、文なさんにとっての「一番の夢」にコミットし始めたら、すごい力を発揮しそうですね。
      応援しています!!どんなに時間がかかっても、遠くても、追いかける価値のあるものを、、、
      ぜひぜひ、大好きで大切なものをゆっくり見つけてください^ ^
      私も夢の道中です、一緒にがんばりましょうー!!!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です