瞳を見ればわかる。みんなともだち。

 

これは私が去年行ったヨーロッパでのファームステイ旅行で、立ち寄ったベルギーで撮ったもの。

 

f:id:fuki-bee-stripes:20200910231552j:image

 

この町には馬車に乗って市内を巡る、観光客向けのサービスがあって、広場にはその馬がいた。そしてそこに通りかかった散歩中のダックスフンド。

ダックスフンドは、馬を見るなり、釘付けになってしまって動けなくなっているようだった。飼い主がいくらリードを引っ張っても動こうとしない。それで馬の方も、小さな犬があんまり真っ直ぐ見つめてくるもので、無視できずに見つめ返している。

 

二匹はほんとうに長い間こうして見つめ合っていた。

 

ニ対の動物が、こんなにも真っ直ぐ、はたと、見つめ合うその空間はとても静かな空気が流れていて、周りの人間もその光景に足を止めて魅入ってしまった。あれはとても特別な時間だった。私は、その神々しいまでの光景に、(ああ、いまここにはふたつの魂がある)と感じた。

 

何が「魂」を感じさせる?瞳がそうさせるのだ。

 

f:id:fuki-bee-stripes:20200910231603j:image

 

これはベルギーでファームステイした時に、散歩中に出会ったロバ。ロバってすごく人懐こい動物なんです。こうして近くで動物の瞳を見つめると、気がつくのが「とても大きな目」だということ。

 

目が合うと、どきりとする。私を見て何を考えているのだろう。

 

 

フィンランドの牧場でファームステイしたとき、いずれお肉になってゆく牛を見て思ったのが、「この眼球はどこにいくのだろう?」ということだった。

このきれいな、ガラスのような物質の向こうに、君の「心」が繋がっているんだなぁ。ああ、あなたの身体を目の前にして、ここが一番あなたの心に近いところだ。「瞳」。あなたが殺されたら、この瞳はどこにいくんだろう?捨てられちゃうのかな。燃やされるのかな?どこで?どうやって?

 

 

 

 

魂が身体のどこに宿るかというと、瞳だと思う。

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20200910231607j:image

 

 

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20200910231559j:image

 

 

 

瞳を見ればわかる。みんな魂でみんなともだちなんだ。

 

 

あなたの心に響くものがあったら、ぜひシェアしてください♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です