屠殺映像を観て泣いてしまった

 

 

 

いつもは見ないようにしてるんだけど、一生懸命、避けるんだけど…

今日、豚の屠殺映像を見てしまった。

 

 

こんなことが長く続くわけがない。

ただ、そう強く思った。

 

 

 

 

地球で、屠殺がなくなる日がいつか必ずくると、確信した。来ないはずがない。

私は別に神さまとか信じていないけど、もしいたのなら、彼はこれを許すはずがない。世の中に本当に神様がいるか、さもなくば、動物たちに心なんてなければいいと思う。そうしたら救われるのに。いろんなことが。

 

 

 

でも私は動物には心があると知っている。だから、神様がいるなら、この問題を見過ごせてしまう私を、彼は地獄に落としてもいいと思う。本気で思う。

 

 

 

みんなほんとは分かってる。でもみんな、「屠殺 方法」と一回だけでも調べる勇気さえ持てないから、何も変わらない。みんな、神さまがいればいいなぁ、なんて考える。いっそ罰せられたらいい、なんて考える。私みたいに。

 

 

世界では一日に2億の家畜が殺されている。

生まれて、死を待つばかりの暗い部屋がある。

死を迎えるために進まなきゃいけない通路がある。

 

 

これが正しいことのはずがない。

まっとうな星で行われることのはずがない。

 

 

映像を見て、強く確信して、バイトの休憩中なのに思わず泣いてしまったし、休憩時間も終わるというのに思ったより涙が止まらないし、だから、書きました。

 

 

あの事実を知って、あの映像を見たら

もう私たちに言葉なんて絶対にいらない。

 

 

 

 

多くの人がこのことに気付いてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの心に響くものがあったら、ぜひシェアしてください♫

2件のコメント

Fukiさんの絶望の気持ちを綴った日記内容が僕にとって、人間とその他の生き物の命の関係性を一歩立ち止まって考えるきっかけとなったのは確かです。

「何も変わらない」なんてことはないですよ。少なくとも僕はこの事に関して思考放棄しちゃいけないなと思わされましたから。

SNSなどでこのような投稿をする度にフォロワーが目に見えて減る、日々そんな繰り返しで、ネガティブな気持ちや絶望には人は共感しないのかな…と思っています。
でも、それが「正直」な気持ちであれば、受け止めてくれる人もいるのかも、、そんな気持ちです。
naokiさんにそう言ってもらえてとても救われる気持ちがします!本当にありがとうございます^ ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です