好きなものノートのススメ。それは、いつでも帰ってこれる場所。

 

 

大学時代の私を支えてくれたのは、「好きなものノート」の存在。

 

大学生の時の私はどちらかというと自己否定感が強く、自信がなかった。それでいて取り柄もなかったし、趣味も夢もほとんどなかった。なあなあに流されてきた人生だったし。まあそれでも生きてこれたし。

そんな中でふと、「自分のことは自分で選べる」と気付いて、自分の人生の舵を握り直すべく自分と向き合い始めたのだが、そのとき華麗にぶち当たったのは、「では自分は何者なのか」ということ。

「自分は何が好きで、何をしたいのか。」

 

はて…?

 

自分が何を好きで、何に幸せを感じるのか…。わたしはそれすら分からないということに気が付きました。将来の進路を決めるにしろ何にしろ、このままだと、何も選べないし、どこにも進めない…。

この広大な人生という場で、何を目印にしたらいいの…?

 

ということで作ったのが「好きなものノート」

使い方は簡単。好きなものをひとつずつ書いていくだけ。ほんとうにシンプルだし、たかがノート。落書きみたいなものだけど。私はこのノートのおかげで、成長し、自分と向き合い、「好き」とか「幸せ」の認識をはっきりさせることができた。

 

f:id:fuki-bee-stripes:20191117144927j:image

 

最初、私は「将来の仕事」を決める手がかりとして「好きなもの」を考えていた。でもそこから出てくる「好きなもの」って、どこか計算高さがあって、心のままではないと気付いた。第一、書く手がすぐに止まってしまったし(笑)

(なんか急に恥ずかしくなって画像ボカしたよ笑)

f:id:fuki-bee-stripes:20191117105251p:image

和菓子

イラスト

森林

タイ語

(まあ、好きなものではあるんだけど…なんか違うんだよなあ。)

だから私は、それが仕事につながるとか、人に認められるかとか、そういう忖度は一切なしに「好きなもの」を書いていくことに決めました。

 

難しいことでなくていい、立派なことでなくていい。ただぼんやりと、そしてそのままでも、ふわっと幸せを感じれる何か。

 

ただただ、「心地いいもの」。それをひとつひとつ、書いていく。

ぽつり、ぽつりと…

f:id:fuki-bee-stripes:20191117104519p:image

ドーナツ

楽ちんな服

チャーミングな笑顔

サーティワンのアイス

ちんちょうげの花の匂い

リュック

 

f:id:fuki-bee-stripes:20191117114910p:image

(ふむふむ、こんなに小さいことだけど、立派な「すきなこと」だ)

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20191117105042p:image

 

かしわもちの匂い

ポニーテール

映画の予告

だれかと夜おしゃべりすること

「好きなもの」ってすっごく心地のいいこと。。

書けば書くほど慣れてきて、自分の「好き」や「幸せ」が敏感に感じられるようになりました。

 

f:id:fuki-bee-stripes:20191117111530p:image

おしゃれなピアス

夜、目が覚めると雨のとき

ハッピーな選択

めくるといい音のする本

「大切なのは、自分のしたいことを自分で知ってることだよ。」–スナフキン

 

f:id:fuki-bee-stripes:20191117115116p:image

 

かわいい傘。

古い椅子。

銭湯の匂い。

「幸福のヒケツは3つの期待とゼロの心配」−スヌーピー

「いつだってあなたはそれを持ってる。あなたにはいつだって力があるのよ。」−オズの魔法使い

夜の月明かり

ピアノの音

 

f:id:fuki-bee-stripes:20191117124706p:image

びんに差した花

白いロードバイク

「星がきれいなのは、どこかに花が咲いているから。」–星の王子さま

「わたしたちは、氷砂糖をほしいくらい持たないでも、きれいにすきとおった風をたべ、桃色の美しい朝の日光をのむことができます。」−宮沢賢治

「なんて青いんだろう。まっすぐに進もうよ。波にゆられて眠るだけで、どこにも行き着かなくったっていいじゃないか。」−ムーミン・ヨクサル

「人生は我々にとってどんなに科学が発達しようと、とても単純なものなんだよ。」−アミ小さな宇宙人

 

ああ、なんてほっとする世界観…。

 

このノートに書いているとき、私は、ほんとうに幸せな気持ちだった。大好きなものばかり集め、自分にとっての心地よさをたしかめる時間。

世界には、大好きなものが溢れている。

 

f:id:fuki-bee-stripes:20191117131458p:image

 

ノートが少しずつ埋まり始めたとき、それは「わたしが生きたい世界」の世界観そのものだと気がついた。

 

日々生きてると、苦しい価値観や言葉に出会うことがありませんか?

それは誰かのそれとない言葉だったり、ニュースやSNSで、ふと目にした映像。ずっと自分が思い込んで来た「社会の当たり前」だったり。

 

こういうことがしたいけど、叶うはずない。

こういう世界に住みたいけど、ありえない。

こういう物に囲まれて暮らしたいけど、現実的とは思えない…

苦しい。不安だ。先行きが見えないし、自分の選択にも自信が持てない…

だって現実は厳しいでしょう?甘くないでしょ?思い通りになんかならないでしょう?

 

f:id:fuki-bee-stripes:20191117152838j:image

 

「夢」と「現実」のすり合わせ。それは往々にして、わくわくした気持ちを萎えさせるもので…

分からない。世界の「ほんとう」がどこにあるのか分からなくなる。

 

 

そんなとき。このノートを持ち出して、または思い出して、わたしは

こっちが世界の本当の姿だ。」って心の中で強く断言しました。

 

「…不安なことや、怖い価値観は世の中にいっぱいある。でも、ぜんぶぜんぶ大丈夫。だってほんとの世界はこっちだから。」

「こっちが世界の本当の姿だから。」

 

 

って、「好きなものノート」のことを思い出す。自分の信じる方に、そっちを選ぶ。それだけで、気分がすっと楽になって、自分の軸はぴたっと戻る気がしました。

 

f:id:fuki-bee-stripes:20191117143851p:image

 

 

なーんだ、自分の「心地いい」ほう。そっちを信じればいいだけのことなんだ。

 

自分の好きなこと、生きたい姿、忘れかけた時には「好きなものノート」を作ってみてはいかがでしょうか。

 

それは、いつでも帰ってこれる場所。

それこそ、自分の軸というか、自信というか、自分の“核”となるものというか…。「世界に対する信頼」。

好きなものノートはそれそのものだと思う。

 

だいすきなせかい。

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

最後まで読んでくれてありがとうございました!

またブログに遊びに来て下さい^_^

最後に、私が何度も元気をもらった、大好きな詩をご紹介。

*・゜゚・*:.。..。.:*・’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

「もしも人生をやり直せたら」

 

今度は思い切ってもっと多くの失敗をしてみよう。

リラックスして、もっとしなやかになろう。

この人生での私よりもっとおバカさんになろう。

ものごとをシリアスにとることはより少なくしよう。

より多くのチャンスととらえよう。

 

もっとたくさんの山に登り、もっとたくさんの川で泳ごう。

私は寒暖計や湯たんぽや

レインコートやパラシュートなしでは

どこにも行けないタイプだけど

もしもやり直せたらもっと身軽に旅をしよう。

春はより早く裸足になり

秋はより遅くまでそのままでいよう。

もっと踊って

もっとメリー・ゴーランドに乗って

もっとたくさんのデイジーを摘もう

ーナディーヌ・ステア

*・゜゚・*:.。..。.:*・’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

🦋ブログの更新は、Twitter、Instagramでお知らせしています。不定期更新のため、どちらかフォローをオススメします。ぜひぜひ^_^

 

あなたの心に響くものがあったら、ぜひシェアしてください♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です