【体験談】英語ができなくて悲しいあなたへ。コミニュケーションは言語だけじゃない!

 

 

ペトリは、私が友達との3ヶ月間のヨーロッパ旅行の際に出会った男の子。彼は英語がとても上手だった。

 

彼との出会いについてはこちらの記事より↓

スウェーデン人・ペトリのこと。ーあなたはヨーロッパ人?スウェーデン人?

 

 

WWOOF(ウーフ:ファームステイ)先のサイモンさんの家では、毎晩のように長〜い議論の時間があった。サイモンさんの投げかける数々の難しい議題にたじろぐ様子もなく、英語でしっかり応えるペトリ。

f:id:fuki-bee-stripes:20190813195825p:image

 

一方私たちはというと、難しい話題になると話にほとんど加われなかった…(>_<)

まず単語が難しい。何か意見があっても、話の展開の早さに乗って発言なんてできないし、普段考えないような話題が出たりすると意見すらうまく出てこないし、ひどい時には、何について話が進んでいるかもイマイチ理解できていなかった…。

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190813235104p:image

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190813235113p:image

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190813235750p:image

 

 

こんな時間の中、私たちの心はこてんぱんに打ちのめされた。

 

 

ああ…英語、怖い!!

英語に対する苦手意識は、一向に薄まらなかった。

 

 

「ペトリは、どうやって英語を勉強したの?」と聞くと…

f:id:fuki-bee-stripes:20190813195846p:image

だそう。

 

 

ヨーロッパ人の中に入ると、その中に飛び交う高い英語力に、日本人がついていけないというのはよくある話。

ヨーロッパ人と言っても色んな人種がいるよね…と前回の記事で言ったものの、言語に関してはやっぱり、ヨーロッパ人は「ヨーロッパ人」であるのと同じに、日本人は「アジア人」なんだ。

英語でつまずく度に、ヨーロッパ人とアジア人を分かつそこには、大きな壁があるんだなあ…と感じてしまいました。

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190813195905p:image

 

話についていけない時間は続き、気がつくと話題はいつの間にか「北朝鮮」について…

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190814001911p:image

 

いつにも増して熱く語るサイモンさん。

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190814001945p:image

 

彼は何を言いたいの?何を伝えたいの!?

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190814002518p:image

ペトリはしっかり相槌して、話分かってる感じだし…

 

ああ…⤵︎

私たちに立ちはだかる英語の壁は高い。これからやっていけるかな…。自分が情けなくなってくる。なんだかとてもツライ。。。

と葛藤する中、友達の杏ちゃんをチラリと見やると…

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190814003419p:image

 

「アン!!どうしたんだ!」

席を立って杏ちゃんのもとに駆け寄るサイモンさん。

 

 

杏ちゃん:「すみません、私、あなたが話していることをうまく理解できなくて…。私たちは英語が上手じゃなくて、ごめんなさい。」

 

するとサイモンさんは、

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190814010313p:image

 

サイモンさん:「ごめんね、アン。君を混乱させるつもりはなかったんだ…。あのね、よく聞いて。君たちは全く文化の違う場所からここに来ているんだ。

それはとても難しいこと。とても大きなチャレンジで、もし僕が君と同じことをやれと言われたら、絶対できない。君はとてもよくやっているよ。素晴らしいよ。

 

それにね、アン、コミニュケーションは必ずしも言葉だけじゃないんだ。

分かるだろう?表情や仕草、その人の雰囲気…、きみは、とても良い空気をこの家に運んできてくれてるよ。それだけでもとても意味のあることなんだよ。」

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190814021909p:image

 

 

サイモンさんは、私たちとの文化の違いをとてもよく想像してくれて、理解してくれて、その上で、言語の違いはコミニュケーションにおいては一番の重要ごとではないと言ってくれた。

 

なんだかとても、救われたよね…。。ここに来てよかったと思った。

 

 

すると…

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190814153728p:image

とペトリも話しかけて来てくれました。

 

 

ペトリ:「去年、フランスを旅していたときのことなんだけど、パリで出会ったあるフランス人が、これが全く英語が喋れなかったんだよ!マイ、ネーム、イズすらまともに言えてなかったんだよ!!信じられる?

ヨーロッパの中でもそんな人がいたり、英語が全然通じなくて旅行に困る国もあるんだから、アジア人である君がそんなに英語ができるのはすごいと思うよ。ほら、日常会話では全く困らないじゃないか。」

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190814154848p:image

 

2人の優しさに胸を打たれた杏ちゃん。

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190814161826p:image

 

と一生懸命に決意を表しました。私までもらい泣きしてしまいそうな、感動的な瞬間だった。

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190814160654p:image

 

サイモンさんは、少し黙って、次の瞬間、杏ちゃんにこう言いました。

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190814161812p:image

 

……っつ、通じてないんかいっ!!

(今、いいセリフのとこよ。)

つらいわ笑

 

 

まあ、彼らに慰めてはもらったけれど、結局のところ私たちが携えていた英語はこんなふうに欠陥だらけだったってこと。笑

でもこの英語でなんとか3ヶ月やってこれたのだから、サイモンさんの言う通り、やっぱりコミニュケーションは言語だけじゃない、というのは、あながち間違いでは、なかったような。。。

(でもやっぱり英語ができるに越したことはないですが!!)

 

 

英語という壁を取っ払って、最後に残るものは、伝わるものは、その人の心。優しさ。人間が共通して持ち得る、心の温かいところ。

2人のそういうものは、英語が完璧に通じる環境じゃなくてもしっかり感じることができた。

 

肩肘張って会話なんかする必要はなくって、心を伝える手段には、必ずしも言葉だけじゃないんだなあ。

それは例え、日本人同士だとしても。

 

 

そんなことを思ったヨーロッパ旅行でした。

 

 

 

■(オマケ↓)

その日の夕飯終わり、議論の中で分からなかったところを少しでも理解しておこうと、ペトリに聞いに行った杏ちゃん。(杏ちゃんのその、いつもひたむきで素直なところが本当に尊敬!)

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190814164733p:image

 

するとペトリ。

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190814164740p:image

 

 

 

 

え?

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190814165604p:image

 

なんだ、ペトリも全部分かってたわけじゃないんだ。

(「好きなんじゃない?」っておい笑)

ペトリは優しくて真面目で、でもどこかぬけてるんだよなあ!笑

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

これからも当ブログでは旅のエピソードについて公開していきます。ぜひぜひチェック\(^o^)/

記事が気に入ってくれたら、お友だちにシェアしてくれたら嬉しいです(o^^o)

 

最後に、私の好きな言葉。

*・゜゚・*:.。..。.:*・’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

同じ人類として共通して持っている大切な部分に目を向けよう。

ー松本零士『君たちは夢をどう叶えるか』より

*・゜゚・*:.。..。.:*・’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

あなたの心に響くものがあったら、ぜひシェアしてください♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です