ヨーロッパ人は「ヨーロッパ 人」なのかという話。スウェーデン人ペトリとの出会い。

 

私がスウェーデン人と初めて会ったのは、3ヶ月間のヨーロッパ旅の最中、アイルランドにて。この旅2軒目のWWOOF(ファームステイ)滞在中のこと。

(アイルランドの滞在記はこちら↓)

【*必読*】アイルランドWWOOF体験記。「どうしたら人間は幸せになれるの?」

 

 

「もうすぐスウェーデン人が農場に来るよ〜!」とホストのサイモンさん。

f:id:fuki-bee-stripes:20190811161647p:image

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190812005715p:image

 

とのこと。

「じゃ、彼は何日に来るんですか?」

「うーん、ボクもよく分からない!明日か明後日か、その後か…よく分かんない!!」

 

 

(ヨーロッパ人同士って、日時とかの取り決めがほーんと大雑把。)

 

 

ということで予期せず私たちには初めてのWWOOF仲間が出来ることになったのでした!

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190811163931p:image

 

 

それから数日後。

私たちが外出先から帰宅した時に、スウェーデン人・ペトリはとつぜん登場しました。

f:id:fuki-bee-stripes:20190811164428p:image

 

「はじめまして、日本から来たフキとアンです。」

「ハロー、はじめまして。スウェーデン出身のペトリです。一週間よろしくね。」

 

とあいさつを交わし、そこからみんなで夕食が始まりました。

 

 

「今、僕はアイルランド中でWWOOFをやりながら旅しているよ。」とペトリ。

「僕は今27歳。数年前、大学を卒業してから、しばらくはノルウェーで働いてお金を貯めてたんだ。それで去年は世界中を旅してたんだ。そうするうちに、アイルランドが好きになったんだ!いつかはアイルランドに移住するのが僕の夢!

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190812010436p:image

 

 

「へー!外国に移住なんてすごい!大きな決断だね。」とペトリに言うと…

 

「いや、ぼくらヨーロッパの人たちにとって、ヨーロッパ圏内なら、他の国で働いたりそこで暮らすことは結構簡単なんだよ。ビザもいらない場合が多いし。

今スウェーデン人も、移住とまではいかなくとも、若いうちは外国に出て働く人が多いんだ。特にノルウェー。スウェーデンで働くより給料が格段に良いからさ。」

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190812013101p:image

そっか。ヨーロッパの中って、国と国とがすごく開かれているんだなあ。

なにせ、EU圏内の国籍を持っている人なら、パスポート無しでも国同士を行き来できちゃうし。

EU加盟に関していくつかの国ではごたごたがあるけれど、いまやヨーロッパ全体を大きくくくって「ひとつの国」とも言えちゃうんじゃない…?

 

そっか。ペトリもサイモンさんも、「ヨーロッパ人」なんだ。

 

 

 

…次の日のこと。

 

その日、ペトリと杏ちゃんと一緒に、農園にビーツの苗を植えました。

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190812215819p:image

 

と、苗の植え方を見せてくれるサイモンさん。

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190812221129p:image

(あれれ( ̄▽ ̄;))

 

 

ええっと、、、こんなに列がぐちゃぐちゃでいいのかな。

ほら、野菜を植える時って、もっとビシッ!っと列を作るもんでしょ?

 

 

…はっ!そういう几帳面な考え方って、もしかして日本特有なのかな!?

 

「ヨーロッパ人」はそんな細かいこと気にしないのかも!!じゃあ、ペトリはこのビーツの列を見て、どう思ってんのかな…

と、彼をチラリと見てみると…

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190812221425p:image

 

不服そう。

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190812222423p:image

 

ペトリはサイモンさんを呼び止め…

「苗はまっすぐ植えた方がいいんでしょ!?苗と苗の間隔は?何センチっ?!あと列は何列作れば良い?」

と質問攻め。

 

するとサイモンさんは、

「ああ、いいよ、適当で!!まあ、列はまっすぐがいいけど、気にしすぎないで!Don’t be serious!ハハハ!」

といつもの調子。

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190812223915p:image

 

ペトリは少し考えてから、

「…まあ、彼はああ言ってるけど、出来るだけちゃんとやろうよ。せっかく植えるのに、こんなガタガタじゃだめだ。僕に任せて!」

と、ビーツ植えの司令官役を買って出ました。

 

 

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190813013611p:image

 

おお、ペトリ、めっちゃ几帳面!

 

 

 

ああ、ペトリ、私は勝手に「ヨーロッパ人」っていうくくりの中であなたを考えてたよ。そっかそっか、ヨーロッパ人である前に、スウェーデン人なんだよねσ(^_^;)サイモンさんはアイルランド人だし。

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190813021142p:image

 

いくら英語が上手でも、国と国とが近くても、違うバックグラウンドを持つ、違う民族だものね。

 

この時から私は、同じ「ヨーロッパ」でも、当然ながらそれぞれの国には個性があるし、人に関しても国によって国民性というか、傾向のようなものがあるんじゃないかな、と考えるようになりました。

そういう観点で人を観察するのは面白かったです。

スウェーデン人は、結局ペトリとしか会わなかったから何とも言えないけれど…

 

少なくともアイルランド人は、観察したところこんな人たち↓

f:id:fuki-bee-stripes:20190813031553p:image

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190813031558p:image

 

 

 

ああ、そっか。。。

 

f:id:fuki-bee-stripes:20190813032748p:image

納・得。

 

 

 

(こう考えてみると、1軒目のWWOOFで出会ったおとぼけな彼も、そういやアイルランド人だった…。↓)

f:id:fuki-bee-stripes:20190813033457p:image

詳しくはこちらの記事よりどうぞ↓

愛おしき、アイルランドのおとぼけ家族。

 

 

 

人って、おもしろいね笑

 

最後まで読んでくれてありがとうございました!

これからも当ブログでは旅のエピソードについて公開していきます。ぜひぜひチェック\(^o^)/

記事が気に入ってくれたら、お友だちにシェアしてくれたら嬉しいです(o^^o)

 

 

 

最後に、私の好きな言葉。

*・゜゚・*:.。..。.:*・’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

小さな花のような細々としたくだらない幸せ…

そういうものでほんとうの人生というものはできている。

進学とか恋愛とか結婚とか葬式とか…そういった大きなことだけでできているわけではない。

小さなことが毎日毎日覚えられないほど、数えきれないほどあって、その中で小さな幸せの粒つぶを感じて、それを呼吸して魂は生きているのだと思う。

ーよしもとばなな『人生の旅をゆく』より

*・゜゚・*:.。..。.:*・’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

あなたの心に響くものがあったら、ぜひシェアしてください♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です